2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

パーツ

  • イマドキの売れ筋
  • お気に入りブログパーツ
無料ブログはココログ

ヘルス

2011年4月17日 (日)

パセド病定期検診11年3月

また、しばらく書くの怠ってました。。。

1月の検診で一日置きに1錠の服用となってから2カ月。
体調的には、まあ安定していると自分ではおもっていたけど、
喉の腫れはまだあるなぁと鏡を見ながら思ってました。
きっと、また3カ月同じ条件なんだろうと思って診察へ。

結果
FT3   2.0  →  2.4
FT4   0.8  →  1.1
TSH 12.85 → 5.39

TSHレセプター抗体 1.2 → 1.0

FT3、FT4は微増ながら基準値内。
TSHは激減。もう一息で基準値内に。
レセプター抗体もまあ、ほぼ基準値ということで、
数値的にはだいぶ改善されてる。

そして・・・
今回からチウラジールの服用ナシで2か月経過観察に♪

いやー。長い闘病生活に今年でピリオドをうてるか。

ただ、喉の腫れは気になってますが。


あと、甲状腺に放射線物質が反応したりしないのか?とちょっとだけ心配。
甲状腺が病気なだけに、気にはなっちゃうんだなー。
今度聞いてみよう。
また、新しい先生になるらしいし、この1年の先生より良い人だといいな。

2011年3月 6日 (日)

パセド病定期検診11年1月

10年11月の定期検査の時にTSHの値が2.10→3.80に上がったけど、
まあ、基準値内ということと、TSHレセプター抗体定量は1.2でまずまず
安定してきたということで、薬を一日1錠にすることに。

そして迎えた11年1月の結果。
なんとTSHの値が12.85と大幅アップ・・・down
FT3 FT4は基準値内、レセプター抗体は1.2と変わらずでしたが。
あぁ、やっぱりまだまだなんだぁとトホホな気持ちでいたら
なんと先生
「これはいい傾向なのよ! 薬を減らすチャンスだわっ。今度から
一日おきに1錠にしましょう。」

sign02

何故だかイマイチ説明が腑に落ちなかったけれど、
そんなわけで、1月からは隔日1錠の服用に変更。

3月中旬の受診がちょっと心配な今日この頃です・・・。
あっ、でも動悸とかそういう体調の変化はないからいいけど。。。

2010年8月 5日 (木)

パセド病定期検診10年8月

本日採血の結果を聞きに病院へ。

結果、とくに変化なし。
ということで、毎日2錠のチウラジールの処方をもらう。

TSHレセプタ-抗体の数値がまだ1.5と高い。
まっ、前回よりはちょっと下がってはいる。

特に体調の変化もないけど。。。
前回からまた変わった先生は、次回は採尿もしたいという。
ここ3年一回も言われてないし、まして先月健康診断で
特に問題なかったと言ったんだけど。
いったいどういうことなんだろう、まったく説明はない。

それに、前回聞かれたことをまた改めて聞かれる。
カルテにちゃんと書いとけよっ!!と苦言を呈したい気持だった。

あと一歩、回復してくれないかなぁ。
次回は11月の予定。。。

2010年2月 4日 (木)

パセド病定期検診10年2月

本日、またまたパセド病の定期検診いってきました。

今回は先週の採血がことのほか痛くなかったのがよかったのか、
結果も少しよくなりました。

FT3    2.4→ 1.9
FT4    1.3→ 1.2
TSH  1.07→1.04

これらは、ずいぶん前から正常範囲内に戻ってきて安定してるんです。

問題のTSHレセプター抗体定量 正常値は1.0未満

前回の2.7 から 1.5に減少!

しかも、最近ちょっとお薬さぼっちゃう、いや飲み忘れちゃったりしてたのに。。。
この結果になるなんて、いやー、治り気味ってことかsign02

ということで、処方される「チウラジール」が一日3錠から2錠に減りました。

ちょっとまだ喉の腫れはあるけれど、だいぶ元気になってきたかな。
この調子で今年 完治をめざそうgood

2009年8月20日 (木)

パセド病定期検診09年8月

いやほ、早いものでパセド病を発症して3年目を迎えました。
このところは、3ヶ月に1回の定期健診で変わりなくって感じでしたが。

今回なんと!!
今までまったく論外な数値しかでていなかった
TSHの数値が基準値内に入ってキターーーーーshine
今まで毎回 0.03 しかなかった数値が今回は 0.95にアップup
基準値は0.49-4.67ってなっているから、今まではホントダメだったね。

コレに伴い、TSHレセプター抗体の値は
3.1から2.3にダウンdown
これもいままでずった3以上だったからすごいことだ。
ちなみにこれは下がったほうがよくって
基準値は1.0未満。まだ下がらないとなんだけどね。

とりあえず、また毎日薬を飲むことに変りないけど、
よくなってきたって感じが数値に反映されたので
ちょっとだけ安心しましたー!

しかし、最近デブ傾向になりつつあって・・・
体重が激減していたころに、若干戻りたいって思うことも。。。
健康的にダイエットに勤しみたいとおもいまーす。

2009年5月22日 (金)

パセド病定期検診09年5月

本日パセド病の定期健診行ってきました。

結果はあまり変らず。
はぁ~、今までと変わりない生活なのに
最近急激に太りだしたので
てっきり回復してきたのかと思ったら・・・

都合よく考えすぎなようでした。
やっぱりダイエットしなくちゃですよ。。。

少し前に、綾香さんが結婚会見と同時に
パセド病と告白されたことで、
今までこの病気を知らなかった人たちにも
知ってもらえるきっかけになりましたよね。

私も最初はなぜこんなに
だるくて、震えて、動悸がして、気分悪くなるし
喉は渇くし、知らぬ間に激ヤセするし。
何ごとかと思いましたよー。

まっ、薬をのんで今後も治療していくのですが
今日からまた担当医が変ったんです。
そうしたら・・・
伊藤病院に行ってもいいかもね、今後紹介するかもー。
て言うんです。

もう2年もここに通ってるのに、
しかもあまり説明はないし。

ひどい・・・。

たしかに伊藤病院は有名ですし、行ってみようかとも思いましたけど。
はぁ、薬だけでは限界ってことなのかなぁ・・・とちょっとヘコんだのでした。

とりあえず、次回8月までは薬を飲んでがんばりまーす!

2009年3月 8日 (日)

パセド病定期検診2月

2月末にパセド病の定期健診へ。

前回、数値が高くなっていてへこんだので、
今回はまあまあキチンと薬ものんでいたのがよかったのか、
数値は改善しました。

でも、垂体にあるTSH(甲状腺シゲキホルモン)の数値は
相変わらずものすごく少ないので、根本改善にはいたってないですね。
TSHレセプター抗体も、逆に高い数値を維持しちゃってます。

なかなか薬がやめられるようにはならないなぁdown

とりあえず、キチンと薬をのんでいきたいと思います。

2008年12月 8日 (月)

初 マンモグラフィ

本日誕生日sign03

なのに、会社に行くより早起きして『人間ドック』へ。

健診は春にもやったんですけど、
歳のせいか、今年は人間ドックも受診しなくてはいけませんで。。。

ちゃんとしたのは久しぶりだったんですけど、
前々から気になっていた『マンモグラフィ』に初挑戦しましたsweat01

前評判が悪いじゃないですか。。。相当痛いと。。。

今日は楠樹記念クリニックでしたが、
女性の技師の方だったのでちょっと安心・・・。

胸のレントゲンのあとおもむろに始まりました。
技師の方は、大丈夫、そんなに痛くないからーって言いましたけど、
でも、やっぱり痛いよ。

そりゃそうだよ、胸を上からぎゅーーーーと挟むわけですから。
正味2分程度×2だったから、ガマンできたけど
あれ以上長い時間だったら無理だったかも。。。

この直後にバリュウムを飲んだせいか、
全部飲めなかったし、若干ぐるぐる回転されて気持ち悪くなったし、
そして下剤のせいでお腹も痛いという
最悪な誕生日をむかえたのでした。。。

でも、一度やっとくと安心ですしね。
最近パセドとか病弱ですから。。。

2008年11月29日 (土)

パセド病定期検診11月

昨日、3ヶ月ぶりに定期検診にいってきました。

最近、体調がいいことを理由に
ちょっと薬を飲むのをサボっていたんですけど・・・。

悲しいことにそれはスグにバレてしまいましたdown
とたんにFT3の数値が上昇sweat01

パセド病って、薬を飲んでいれば
どこかがすごく痛んだりするわけでもないし、外傷もないので
治った気になっちゃっうんですよね・・・。
でも、やっぱり薬でコントロールしているだけなんだなぁ。。。と
改めて思いました。

とりあえずは、毎日きちんと薬を飲んで様子をみることになりました。
次回は2月末検診予定。
それまでは、サボらずにちゃんと薬飲みますpaper

・‥…━━━☆・  お ま け  ・‥…━━━☆
しかし、ログをみても「パセド」の検索が多かったり、
病院に行っても、多くの人が同じ病気らしいのをみて
パセド病の方って多いんだなぁって思いました。

2008年8月28日 (木)

パセド病定期健診8月

本日、パセド病の定期健診にいってまいりました。

結果は相変わらずってことで。。。長引きますねぇ、やっぱりbearing

甲状腺ホルモンの数値自体は、基準値にきちんと収まるように
なってきているのですが、
下垂体にある、TSH(甲状腺シゲキホルモン)の数値が相変わらず
少なすぎるんですね。

これは、ホルモンの量自体は薬で基準値に抑えていても、
下垂体自体は、まだ甲状腺ホルモンが過剰と判断しているので
シゲキを与えない状態になったままだから、ものすごく少ない状態なんだと
いつになく先生が詳しく説明してくれました。

そのために、TSHレセプター抗体(TSHを体の害だと思ってやっつけようとする抗体)が
基準値の5倍くらいあるということで・・・。

早く完治するにはどうすればいいかって話になると
すぐに切除をすすめられるんですよねー。

でも、傷跡も残るし、合併症とかの心配もあるし、そもそも本当に完治するかは
わからないから簡単に切除なんて踏ん切りもつかないのです。

とりあえずは、薬の薬害もまったくないので
薬を飲んでようすを見るという、いつもの結論なんだよなぁー。

次回は11月末の予定です!

より以前の記事一覧