2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

パーツ

  • イマドキの売れ筋
  • お気に入りブログパーツ
無料ブログはココログ

« 治一郎バームクーヘン と ラスク  | トップページ | 女三人 日光・鬼怒川の旅Vol.2 »

2010年9月23日 (木)

女三人 日光・鬼怒川の旅Vol.1

9/19日曜、新宿駅に集合。3年ぶりの再開を喜びながら、出発!

Dsc00462東武日光駅まで、「スペーシア」に乗っていきます。
ちなみに新宿から往復7800円の
「JR東武 日光・鬼怒川観光フリー切符」を購入。
日光までの往復指定席のほかに、鬼怒川までの路線乗り放題、
クーポンでバスやタクシーものれるというオトク切符でした。

日光までは2時間くらい。
意外と時間かかるんですね。

日光駅につくと、3連休の中日ということで、大混雑。
駅も混んでるし、道路も大渋滞sweat01
タクシーに乗ろうかと思ったら、運転手さんに大渋滞だから歩いたほうが
いいと言われ、なだらかな坂道をおよそ20分ほど歩いていきます。

湯葉饅頭とか美味しそうなものを我慢して向かったのは
うたかた」というレンタル着物ショップ。
ここで3人着物に着替えて、日光散策をしようと・・・。

Dsc00465 3人で各々着物を決めて着つけてもらいます。
私はおろしていた髪を適当にアップにして、
持ってきていたコサージュをつけてまとめ髪にしてみました。
友人はお店の人にヘアセットもしてもらいます。
一人10分もせずに着つけてもらえるのもよかったなっ。
あとは、写真を撮ってもらったり、
提携しているお店の特典を教えてもらったりしてから、
東照宮へ出発sign01

とはいえ、12時すぎたのでランチをまずは食べようと。
東照宮手前のレトロなお店を発見flair
1Fには、金谷ホテルのベイカリーがあります。
カフェレストラン 匠」に行ってみることに。

Dsc00471「ゆばグラタン」を是非食べたかったのだけれど、
本日は予約だけで売り切れとのことで、
クリームコロッケとチキングリルを
食べてみました。
サラダとスープ、そして、
金谷ホテルのパンがついてきます。
パン、やっぱり美味しいheart01

 

食後、いよいよ東照宮へ。
世界遺産検定なんて受けてしまったので、ちょっとワクワクしちゃいます。

Dsc00472まずは神橋。
有料で渡れるのね。
このあたりもパワースポットだときいたけど。。。
とにかく混雑が激しくなってきました。

それと、欧米からの観光客のみなさんに
着物姿が好評で、一緒に写真を撮りたいと
何組かにお願いされちゃいました。

きものだと、やっぱり階段はちょっと大変。
でもがんばって、東照宮を一回りしてきました。

Dsc00473P9190728Dsc00481P9190748    

 

               


まず最初に三猿。意外とかわいい表情。
見ざる・聞かざる・言わざる 以外も半周ほどじっくり観察。
あと、ほかの神社にはない煌びやかな空気(でも厳かなんだよね)
なんといっても、すべてが芸術作品のようだもの。

Dsc00477Dsc00478P9190743P9190751   

 

                                        

                                                                               

  

陽明門は本当に素晴らしかった。ずっと見ていたいくらいのあでやかさ。
眠り猫をみてから長い石段を上って奥宮参拝。叶杉にはたくさんの行列。
パワーをもらえた気がしますよっ。

ただ、今回は平成の大改修中で、覆われていたところも結構あって残念。

その後は東照宮御仮殿特別公開中 だったので、
昇殿してきました。一番前のでお話しを聞きながら
内部をじっくり見学。
麒麟の襖絵や、身分で座る場所が変わる話、
天井に鮮やかに描かれた絵など、これまた見どころ満載でした。

あとは、鳴龍も体験です。
さすがに混んでましたが、ちょっと待っていざ体験。
しっぽのほうで太鼓を鳴らしても普通なのに、
龍の顔の下あたりで鳴らすと、共鳴してたしかに鳴いているようでした。

Dsc00484境内散策後は暑かったので、
日光天然水のかき氷を3人で。
氷がフワフワで美味しいup
ミルクもあずきもいっぱいで、
食したあとで、もっと食べたいと思っちゃいました。

 

 

だいぶ予定よりも遅くなってしまったので急いでホテルへ。
この日は鬼怒川温泉まで移動です。
フリーパスで電車移動、30分くらいかなっ。

本日のお宿は「鬼怒川プラザホテル
駅からタクシーで5分くらいでした。

お部屋をちょっとランクアップしてくれてあり、SUKIYAルームへ。
今回はレディースプランで予約してあいたため、いろいろ特典がついてました。

◇自然浴・離れの湯「あけび」を、60分無料(通常¥6,000)。
◇おしゃれな色浴衣と帯をプレゼント。
◇夕食時、「アワビの柔らか煮」又は「ふかひれの煮込み」付。
◇夕食時、スパークリングワイン1本付。
◇夕食時、特製デザートをご用意。
◇ゆったりチェックアウト11:00(通常10:00)

最初に浴衣をプレゼントなので選んでくださいと言われ、
さっそく3人でいろいろ迷って、スタッフの人にも見立ててもらって決定。
でも、遅くなっていて着ている暇がなかったですけどねっ。

すぐに夕食なので、その前にダッシュで大浴場へ。
とにかく汗を流して、部屋に戻る。

と、夕食がお部屋に準備完了!
女の子に嬉しい、湯葉を使った
ヘルシーな会席料理です。

Dsc00491Dsc00485Dsc00492

 

                                     

 

スパークリングワインもついてたので
「女子旅に乾杯shine
お約束のデザートも♪                                

201009191908000Dsc00495

 

 

 

                                                           

 

 

 

そして、ちょっと離れた場所にある貸切露天風呂「あけび」へ。
ホテルのマイクロバスで送迎してくれます。
夜遅くて、周辺の景色がながめられなかったけど、
日中でもきっといい感じのところだと思いました。

ロッジ風の離れに入ってみると、8畳にゆったりとソファーセット。
大きな鏡のほかに、お茶セットとミニ冷蔵庫。
外には、ヒノキ風呂と陶器のお風呂の二つが。
ここに泊ってもいいって思う感じです。
お部屋によって作りが違うようでしたが、私たちは6番の一番奥のお風呂へ。

Dsc00500Dsc00497フロントで、バスグッズをくれました。
フレーバーティーや、アロマキャンドル
スクラブやボディーミルク、シナモンの香りの石鹸
あとは、ヒーリングミュージックのCD。


岩盤浴も時間内なら入れるのですが、
3人でおしゃべりしながらだと、60分はあっという間でした。
冷たい飲み物も持っていけばよかったかなっとちょっと反省。
時間がなかったけど、古民家風のラウンジは趣があったし、
足湯もしたかったなっ。

マイクロバスでホテルに戻った後は、アイスを食べながらおしゃべりをして就寝。
歩き疲れたせいか、熟睡しちゃったみたいです。

・・・Vol.2へ

« 治一郎バームクーヘン と ラスク  | トップページ | 女三人 日光・鬼怒川の旅Vol.2 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92051/49541359

この記事へのトラックバック一覧です: 女三人 日光・鬼怒川の旅Vol.1:

« 治一郎バームクーヘン と ラスク  | トップページ | 女三人 日光・鬼怒川の旅Vol.2 »