2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

パーツ

  • イマドキの売れ筋
  • お気に入りブログパーツ
無料ブログはココログ

« okuda tamio FANTASTIC TOUR “AGAIN”08 | トップページ | UNICORN 「蘇える勤労」 »

2009年1月11日 (日)

ハワイ島4泊6日の旅・・・vol.2

だいぶ時間空きましたが。。。忙しかったということで。。。

二日目。早朝から起きだしてお出かけ準備。
事前の情報だと、星空観測時はとても寒いらしい。
ということで、今はタンクトップでも、カーディガンとさらに上着を
詰め込んでみました。

ホテルにお迎えがくるまでに、ホテル内の散歩と朝食をとることに。
いつもボートで移動なので、隅々まで見学しようとお散歩開始。
Dsc00950 ←泊まっていたオーシャンタワー
  大きいんだねぇ。。。

  

 

Dsc07234 Dsc00944Dsc07251Dsc00947

 

  

               

歩いてオーシャンタワーから海岸線を見渡し、
小路を進んでいくつものプールや、ビーチを見学。
イルカと触れ合うプログラムも朝からやっていたみたい。
            イルカが間近にみれるから、チビッコが喜びそうだなぁー。

朝食は軽めに。Dsc07278

コーヒーと、ハムチーズクロワッサン。
相方は、コーヒーと、ツナとチキンのサンド。
全部で、$18くらいだったかな。

 

 

そして、いよいよ溶岩と星のツアーへ。
これも、トラベルドンキーで探しました。
Banner100x42
海外格安オプショナルツアーのトラベルドンキー溶岩と星のツアー

 

車窓から牛や馬がた~くさん。
広大なパーカー牧場なのだそうです。
次回はゆっくり、このパーカー牧場あたりを
見学してもいいなぁー、なんて思っていたら・・・。

ホテルにお迎えにきたくださったのは、
Big Island CREST の宮崎さん。
幸いにも同じヒルトン宿泊の新婚カップルと2組だけということで
なんかちょっと得した感じ。

まずは、ワイメアを通ってホノカアへ。
急激に天気が変わってきて、周辺はモヤにつつまれていきます。
Dsc07257

 

 

 

土砂降りの雨。Dsc00964にビックリしていると、ホノカアの町へ到着。
最初の休憩地、TEXドライブイン。
ここでは、お目当てがあったんです♪
マラサダです。
1つ$1くらいだったのかな、ふかふか柔らかな
揚げパン、サイコーーーshine

 

休憩後、さらに東海岸を南下。
出発したワイコロアの真っ黒で溶岩しかないようなところとは
まったく違って、緑豊かなハマクアコースト。

そして、最初の見学地、アカカの滝へ。Dsc00972
Dsc00977Dsc00978

 

 

 

 

ガイドの宮崎さんが、滝までのジャングルのような場所を
案内してくれるのですが、赤いバナナとか、
ものすごく巨大なゼンマイとか、キレイな花々とか
ここ、わりと見所多い !
そして、数日雨が多かったそうで、いつもよりたくさんの水量がある
アカカの滝が見えました。落差128mということで、迫力ありますsign01

そのあとは、ヒロの街へ。
ヒロに入ると、とたんに街が拓けていてビックリ。
Dsc00988Dsc07271 

 

 

そして、これまたお目当ての ビッグアイランドキャンディへ。
ビッグアイランドキャンディに寄ってくれるのはありがたいですよー。
ハワイといえば、ビッグアイランドキャンディのクッキーですし。
早速、試食してダッシュでいろいろ買っちゃいました。
試食した、マシュマロ入りのチョコが美味しかったので、
自分のお土産としても購入しときましたーsign01

ここから、いよいよ火山。
まずは、キラウエア火山国立公園内”ジャガーミュージアム”へ。
キラウエア噴火口を見学。ガイドブックなどでは、大きな火口が見える
写真が載っているだけでしたが、噴煙を上げていました!
Dsc00989Dsc00990 



 

ここでは双眼鏡も貸してもらえるので、噴煙を上げている周辺なども
じっくり見れてよかったです。
ミュージアム内には、火山についての展示品がいっぱい。
ここでちょっと予習だったんだなぁー、とあとで納得。

チェーンオブクレーターズロードを走ると、あたり一面真っ黒な溶岩。
そして、吹き上がる水蒸気。Pb209521
 Dsc01013Pb209531   
 

   

 

 

 

ここにあった木々に溶岩がきて、
木を焼き中が空洞になった状態のものなど
自然の驚異をまざまざと見た感じでした。
でも、その黒くごつごつとした大地からは、また新しい
息吹がそだっていました。ホントにすごい。
そして、先程のミュージアムに展示されていた
ペレの涙と言われる、細かい溶岩などを実際に手にとって
みることができました。

Pb209537このあとは、サーストン・ラバチューブへ。
溶岩でできた洞窟、某スピリチュアルな方も力を
感じると言っていたそう・・・。

そして、本日のメインイベント。
溶岩を見るために、チェーンオブクレータズロードを引き返し、
カラパナ溶岩へ移動。

車中で、夕飯のお弁当をいただきました。
ヒロのプ「カプカキッチン」で作ってくれているそうで、
ボリューム満点!ご飯いっぱい入ってるし♪
Pb209545Dsc07270 

 

 

 

そして、夕暮れにあわせるようにカラパナに到着。
駐車場からも、山の稜線が赤く帯状に光っているのが見え、
海の方向には、モクモクと煙がsign03

デコボコの岩場を慎重に海のほうに進み、
ビデオをセット!
双眼鏡をずっと握り締めてしまいましたー。
だって、時々爆発があって、溶岩が飛び散る様子が
はっきりと観察できるんですgood
Pb209554

写真だとうまくとれませんでしたが、
大興奮でした。
宮崎さんが望遠鏡をセットしてくれるので、
それから見ると、さらにクッキリ!!

 


その後、とても気象条件がよかったので、
この場所で星空観察会に。
ここで観察会ができてよかった。
だって、寒くなかったもん。
日本ではこんなに星なんて見えないのに、
ここでは圧巻です。
無数の星で、真っ白に帯ができていて、
ミルキーウェイっていうけど、本当なんだなぁと実感。

宮崎さんの面白い解説付きで楽しかったです。

サドルロードを通って帰りますが、いつも星空観察を
する場所に立ち寄って、追加の観察会。
ものすごく、ホントに寒くて凍えました。。。
でも、マウナケアの中腹なだけあって、
空気が澄んでいて、星はクッキリ。
手に届きそうな錯覚を覚えました。

約12時間のツアーはこうして終了。
東京、大阪間をドライブしたことになるような距離を
移動したことになるとのことでした。

ガイドの宮崎さん、ありがとうございましたhappy01

Vol.3へ続く。。。

« okuda tamio FANTASTIC TOUR “AGAIN”08 | トップページ | UNICORN 「蘇える勤労」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92051/43709782

この記事へのトラックバック一覧です: ハワイ島4泊6日の旅・・・vol.2:

« okuda tamio FANTASTIC TOUR “AGAIN”08 | トップページ | UNICORN 「蘇える勤労」 »